中古車の査定士は訪問査定時に決まった項目に従い

8 12月

中古車の査定士は訪問査定時に決まった項目に従い、対象車の市場価値を計算するのが常です。

その項目が基準点からどれだけ良いか悪いかを見た上で、プラスマイナスを加味して最終的な査定額となります。実際に見るポイントというと、当然ながら事故歴、そしてボディの状態(キズ、へこみ)、過去の修復に関することと、走行キロなどで、当然ながらメーター付け替えは違法です。

これまで多くの査定をしてきたプロが査定するので、事故歴や修理の痕を隠そうとしてもずっと隠し通せるものではないでしょう。

車の査定を申し込んだ場合、代金はかかるのでしょうか?結論だけいうと、無料です。

基本的に、車の査定でお金のかかってしまう業者はないと考えていて良いでしょう。

中でも、大手の車買取業者でお金がいるようなところはありません。

ですが、買取業者によっては、査定料を請求してくる業者もあるので、ご注意ください。自分で買い取り店に行くことなく、多くの買取店の査定金額中古車の一括査定サイトを使えば比べることができます。

スピーディーに査定できるので、時間が一気に節約可能です。でも、見積もりの依頼を一度に多くの店舗に依頼しているので、仕方ないと言えばそれまでですが、後から後から、数多の買取業者から電話が来ることになるはずです。

やがて着信音を聞いただけでうんざりしたり、なかなか引き下がらない店舗が存在するデメリットがあることを知った上で賢く利用する事が必要でしょう。

一般的に、中古車査定業務において査定者が所持すべき国家資格は特にありません。

でも、民間の資格として国が後援する中古自動車査定士という資格があります。

この資格は日本自動車査定協会(JAAI)によって認定される資格であり、小型と大型車に分別されています。

実務経験が半年以上あって、学科と技能試験に受からないと資格取得が叶わないので、この中古自動車査定士の資格所持者は、査定スキルが一定以上のレベルにあるということを証明してくれるはずです。現実の査定に出して示された金額は、永遠に有効なわけではありません。常に変化しているのが中古車の価格相場なので、買取業者はどこでも一定期間の査定額保証期間を設けています。

売却予定車の査定金額を見せられたときに売ることを躊躇してしまうような場合は提示された査定金額通りに買取をしてくれるのは何時までか充分に注意しておくようにしましょう。交渉次第で査定金額の補償期間が延びる場合もあるでしょうが、期間が結構長いと無理だと言われることの方が多いはずです。売却予定の中古車の査定額を決める場合に、査定金額に大きく影響するのが走行距離です。基本的には、その車の走行距離が長くなるにつれて査定額はどんどんダウンします。

5万kmを越えた車は多走行車と言われていて、中古車のマイナス査定に影響を及ぼし始めるケースがほとんどです。

10万キロメートル以上の車に関しては一般に過走行車といわれ、査定金額がつかない場合も多いです。

車の査定はしてもらいたいけど、個人情報を教えるのは嫌だという人も多いでしょう。でも、匿名で車の査定をするのは難しいです。

メール査定であれば可能な気もしますが、残念ながら必要最低限の個人情報は入力しなければならないので、匿名希望は無理です。車を査定する時は、必ず個人情報を相手に伝える必要があるのです。中古車を維持するためのお金がいくらかかるのかを調査してみました。中古車を選ぶ時に一番先に考えるべきことは今までどのくらい走ったかを調べておくことです。

今までに走った距離が長いと車が傷んでしまっているので、維持するためにたくさん費用がかかることもあると思います。査定サイトを通して業者を決めたら、いよいよ実車の査定をしてもらうことになるわけですが、その際、揃えておくべき書類があります。

車検証、及び自賠責保険証書で、所在の確認を行いましょう。業者の訪問、あるいは持ち込み査定の日時が決定してからあわただしくしないで済むように、売却の時に提示が必要な各種書類も一緒に所在の確認をしておきます。

必要書類を紛失していた場合は、再発行の手続きをする必要があり、これには時間のかかるものもあるため、事前準備には早めに取りかかります。

一度買取をお願いした後、撤回したいという場合、契約から日が経っていなければ、無料で解除してくれる買取業者も多いでしょう。

しかし、名義変更、オークション登録といった段階に進む前、次のお客さんがまだ決まっていない場合など、条件を満たしていなければならないため、契約の際には、キャンセル可能な条件やその期間を必ず確認しておくようにしましょう。

契約後にキャンセルを申し出るのはトラブルの元なので、契約の前によく考えておくことが重要です。