普通は、中古車販売店等に車を売った際に査定書が発行

17 10月

普通は、中古車販売店等に車を売った際に査定書が発行されることはなく、査定書が欲しいと言っても出してくれないことが多いです。

残された遺族で相続の手続きをするときや、自己破産の申告を行うときの資産証明を必要とする場面で車の査定額がハッキリと分かる証明が欲しい時には、通称JAAI、正式名称は日本自動車査定協会へ査定を依頼する必要が生じます。

自動車査定協会の支店は国内に50ヶ所以上存在していて、査定には指定の料金がかかります。

それから注意点としては、前もって予約が必要になることです。

売買予定の車の見積額が下がってしまう原因には何点かありますが、必ず大きく見積金額を下げてしまう原因になるのは、その車に修理歴があることです。

酷いケースではゼロ円査定に低く査定されてしまう事もあることを覚えておくと良いでしょう。そうは言っても、事故などで修理してしまうと必ずしも「修理歴車」に分類されるという事は無く、その車の骨格部分にまでダメージが広がっていて、その大きな傷を修理して直したのが修理歴車です。

中古の車を売却する際に車の査定を高くする方法があります。

まず車を売りたいと思ったのなら、できるだけ早めに車査定を受けることです。

車は新しいほど高く売れます。そして、車査定を受ける前に車をキレイに洗っておくことです。

車外のほかにも、車内を念入りに清掃して、消臭を済ませておくのも大切な秘訣だといえるでしょう。

愛車がいくらで売れるのか、知りたいと考えた時に知って頂きたいのが、専門の業者による車査定です。中古カービュー一括査定業者にもよりますが、ご自身で店舗へ赴くことなく自宅で直接査定をしてくれる業者もあります。

また、査定場所は様々で指定した場所まで出張を引き受けてくれる業者もあります。

つまり、場合によっては工場で査定を受ける、なんてことも出来るのです。

当然、納得できない査定額を提示された場合は断ってしまえば良いのです。Q&Aサイトなどを見ると、他人名義の車は売れるのかという質問がよくあります。

実際、夫名義(妻)、親名義(子)、兄名義(弟)などは多いですからね。車の所有者の名義が自分以外になっている場合は、名義人の印鑑証明を用意していただき、実印を押した譲渡証明書及び売却委任状があれば本人以外でも代理人契約として売却できます。

ただ、売買契約時に名義人本人が立ち会える場合は、本人契約となるため、譲渡証明や委任状は不要です。

名義がクレジット会社になっている車は事実上売却不能です。そちらの支払いを終えていただき、名義を変更すれば売却できます。もし返済があと少しでも、営業担当者ならおそらく同じことを言うと思います。車査定をしたいなと思いつつ、個人情報を把握されるのは困ると思うのもある程度は、当然でしょう。

中でもネットを使った一括査定を申し込むと、複数の買取会社に個人情報を渡すことになるのが心配になりますよね。

ですが、法律によって個人情報の取り扱いには厳正な管理方法が決められているので、基本的には心配には及びません。

車買取業者による主な査定点は、年式や排気量、走行距離、車検までどれだけあるのか、傷が無いのか、車内は綺麗か、というような事を重視するようです。意外と盲点なのが、時期や季節です。新車種の発売前やモデルチェンジ前などには普段より高く買い取ってくれるそうです。タイミングを見計らって、一括査定を依頼して複数の業者に査定額を出してもらい、査定前から、車の洗浄や車内の清掃などで綺麗な状態にしておくのが良いでしょう。これらが査定額を上げ、満足出来る取引のちょっとしたポイントなのですうっかり車検を切らしている車は査定をどうしたらいいかというとむろん、査定を受けるのに問題はありませんが、ただ、車検を切らしている自動車は公道走行不可ですから、出張査定を選択するしかありません。車検を通して売却を試みようとするよりかは、車検切れのまま売ってしまう方が車検に使うお金が無駄になりませんし、割り切って出張査定を利用することにしましょう。

そしてこんな時も一つの会社に査定を頼まずいくつかのところで査定を受けるようにすると少々手間ですがそれを上回るメリットがあります。

最近の傾向として、多くの買い取り業者が無料査定のサービスを行っています。

例えば、「出張査定 買い取り」などの関連ワードを打ち込んで検索すると、表示されるヒット件数の多さに驚くことになります。とにかく、たくさんの業者があるということがわかります。

こういった業者の出張査定サービスを使い自分の車に少しでも高い値段がつくようにしたいのなら、業者の数のこれ程の多さを利用して、いくつかの会社を競合させて少しでも値段をつり上げようとするのもそういった駆け引きが得意であれば、やってみて損はないでしょう。

しかし出張してきた業者からすると、ぜひ話を決めたい訳ですから、その営業は、場合によってはごり押しに近い形になるかもしれず、そういう強引さに対処するのが苦手なら、この方法はあまり向いていないようです。車の売買契約をしてから買取金額を減額されたり、クーリングオフ不可というトラブルも多発しています。

契約書をしっかり読んでいないと後で困るのは自分なので、面倒だと思わず目を通してください。特に、キャンセル料の有無は大切なので、ちゃんと確かめるようにしましょう。