自分以外、たとえば家族や親類名義の車であろうと、買

10 8月

自分以外、たとえば家族や親類名義の車であろうと、買取業者などに売却することは可能です。

まず売買契約に必要な書類のほかに、現在の名義人の実印が押印された委任状と、印鑑証明書、誰がいつ譲受人に譲渡したのかを記載した譲渡証明書の提出を求められます。但し、亡くなった方が所有者となっている場合は、これらの書類を書いてもらうことは出来ません。

このときは、名義の変更(移転登録)を行った上で売りに出します。ケースバイケースではありますが必要書類の数も増えるのが普通で、手続きには時間がかかると見ていいでしょう。自動車の売買契約後に買取の価格を減らされてしまったり、クーリングオフが認められなかったというトラブルも日常茶飯事です。

契約書を詳細に読んでおかないと後から困るのは自身なので、面倒くさいと思わず読むようにしてください。

特に、キャンセル料発生の有無は大切ですから、十分に確かめるようにしましょう。

車を売却する場合には、色々な書類が必要です。

車検証や発行後1ヶ月以内の印鑑証明、自賠責保険証明書、自動車納税証明書などが特に必要で、ほかには実印も準備しておくことが必要です。

また、業者で用意する書類として、譲渡証明書や委任状の作成が必要になってきます。

中古車の買い取り時、注意しておいたほうがいいポイントは、悪徳業者と売買を行わないことです。

誰もが知っているような会社なら心配いりませんが、一店舗経営のお店は、気を付けるべきです。悪徳業者に依頼してしまうと、車を渡してしまったあとに代金が支払われないということもあります。

所有者の違う車を売る際には、手続きや必要書類をどうするのでしょうか。

基本的に車検証、自賠責保険証明書、自動車税納税証明書、実印、印鑑登録書などといった書類が必要となります。

あとは名義人の同意書、委任状や譲渡証明書などの書類も準備する必要があったりします。

愛車を売却するときと比べると、少し面倒になります。

いつにもまして念入りに車内の掃除をしたり、あらかじめ洗車しておいたところで、それが直接買取額に反映されることはまずないでしょう。素人による清掃は買い取ったあとで業者がしても変わらないという考えが背景にあるのでしょう。

ただ、直接的ではないものの、良いこともあるのです。

訪問した時に査定対象の車が清潔でピカピカであれば、担当者は良い印象を持ちますし、それだけ礼儀正しく丁寧な相手には悪い取引はできません。査定は減点採点で行われるのが普通ですが、それを入力するのは営業マンですし、心がけが見積額に反映されるのは必然的かもしれません。

車のローンを完済する前でも買取業者に売却することは可能です。

要するに、ローン会社でなく自分の名前が車検証の所有者欄に記載されているという条件がクリアできるならの話です。まだ名義がローン会社になっている場合は、ローンを返し終わるまではローン会社所有の車ということになりますから、返済終了後に所有者の名義を変更してからでないと売れないということになります。

ただ、ローン会社の許可さえあれば、業者の提示した買取額をもって返済にあてるということも可能です。車の査定をお願いしたいけれど、個人情報は出来るだけ知られたくないと考える人もいるでしょう。

特にネット経由の一括査定を依頼すると、たくさんの車一括査定会社に自分の個人情報を見られるのが心配になりますよね。ですが、法律によって個人情報は厳正に管理しなければならないことになっているので、たいていの場合心配する必要はありません。

愛車を買い取ってもらおうとしたが値がつかなかった、という人もいるでしょう。

そんな時でも、引き取りの際、廃車にするということも可能です。その際、買取業者がそのまま引き取る場合と、廃車査定業者へ引き継がれることもあります。

面倒なナンバーの返納を請け負ってくれる場合もあり、廃車として処理するときに必要となる手数料をサービスしてくれる業者も多々存在します。

それだけでなく、自動車税や自賠責保険料の返納もありますので、必要な書類は何か、経費がどのくらいかかるのかを分かっておく必要があります。

何十年も経っているという車でも、中古車に精通した業者にお願いすれば、意外なほど高値が付く場合もあります。

生産台数が少なくあまり流通していない車なら、カーマニアが高い価値を見出す場合もあります。

マイナー車種が意外にも人気車種へ変身する可能性があるのですね。高く買い取ってもらいたいなら複数の業者の査定を見て検討することが重要です。それと、自分の車がいくらで買い取ってもらえるかの相場をネットで検索しておくというのもいいですね。