軽自動車税が高くなってしまったこの頃、中古車

8 8月

軽自動車税が高くなってしまったこの頃、中古車人気は高いです。ついでに言うと中古車の値段を値切れるの?と思う人もいるかもしれませんが、相場について事前に調べておくと安くしてくれる場合があります。車の情報に詳しい人に同伴して確認してもらうと安く買えるケースもありますよ。

一般的な普通の中古車なら自動車の買取に出して高く売ることもできますが、事故を起こした車ともなると引取りして貰えるだけでも十分と考えるかもしれません。

しかし、近頃では事故を起こした車であっても一括査定で複数の買取会社の査定を受けてみると、予想以上の高い値段で買取をしてもらえます。よく車の買い時とも言われる決算直前の3月や、賞与支給から2ヶ月たった9月は懐も余裕があるため、販売店としては車がよく売れるトップシーズンです。

店側はこの時機を逃さずもっと売りたいと思うものです。

ですから査定金額も自然と上向きになります。売却を漠然と考えているのであれば、狙い目なのがこのシーズンでしょう。

また、在庫を抱えがちなのが売れ月直後の10月と4月ですが、そこは買取額が低く抑えがちになるので高額査定を期待するのは難しいです。

ご自身の愛車の価値を知りたい時には、車査定をおススメします。中古車買取業者の中には、ご自身が店舗まで車を運ぶ面倒なく自宅で直接査定を受ける事が出来ます。

また、査定場所を指定出来るため、自宅以外にも出張を引き受けてくれる業者もあります。

つまり、場合によっては工場で査定を受ける、なんてことも出来るのです。

当然、納得できない査定額を提示された場合は断ってしまえば良いのです。

車の売却を考えるなら、できるだけ高価格で買い取ってほしいのが当然ですよね。そのためには、いくらになるか複数業者の査定を相場表を作って比較しましょう。

車の買取金額というのは、査定する業者次第で結構、違ってきます。

相場表をつくる場合は、車の一括査定が可能なサイトを利用するのが便利です。

車を下取りに出す時に、ガソリンはどの程度あったらよいのか気にする方もいます。でも、率直にいうと、ほとんど気にしなくて良いのです。車の下取りで大切なのは、年式や車種、走行距離のほかボディカラー、車の状態です。だから、基本的に燃料の残っている量を気にする必要はないといえるのです。トラックや営業車は別として、個人所有の普通車の1年間の走行キロ数は、普通、10000kmが目安と言われます。走行距離が50000kmを超えたあたりで多走行車という扱いになって買取査定の際にはしっかり減点されます。また、いわゆる過走行車(総走行距離10万km以上)までいってしまうと査定額は限りなくゼロに近づいてしまいます。その一方で、走行距離が短い車というのも問題です。

例えば年式のいった車の場合、走行距離があまりにも短いと外観からは見て取れない部分の状態が非常に悪くなっている可能性も高く、引き取り拒否ともとれる見積り額を提示されることもあります。

同僚から「楽で便利だった」と聞いていたので、無料出張査定サービスを使って車を売却してみたことがあるのですが、その時に、出張してきた査定の人の作業の様子にすっかり見入ってしまいました。隅々まで相当念入りに点検をしていくのですが、テキパキしていて、気持ちがいいくらいでした。

ドアのところに古い小さなキズが見つかったのですが、言われて初めてわかったのでちょっとびっくりしました。

さすがにちゃんとしたプロだけありますよね。

それほど大きくマイナスにはならなかったので、ホッとしました。業務用の車でない限り、一定以上の距離を走った自家用車は、中古車として売る際も減点して査定されると思って間違いありません。5万km超は多走行車といわれるあたりが減点対象ですが、総走行距離が10万キロ以上だと過走行車という扱いで、価格がつかないこともあります。

かといって車の価値がゼロ円だのといったことをここで書くつもりはありません。

中古カービュー一括査定店の中には過走行車をメインに扱う業者というのもありますので、そこに査定を頼むと細かくパーツ分けした査定を行って、買い取ってくれます。

もしもあなたが車を査定に出した場合、査定価格が高くなる条件は、その車種が人気かどうかということになります。なぜかというと、市場での人気が高い場合には、業者の立場から言うと買い取ったときに売れずに在庫として抱え込む可能性が低く、より高い値段でも売れると思われ、査定価格がわりあい高めに出ることがよくあると思われます。

該当するものに、アルフォード、ワゴンR、フィット、ハリアーなどがあります。

これらは特に人気のある車種です。