車の査定をしたいけど、個人情報だけ

19 6月

車の査定をしたいけど、個人情報だけは教えたくないという人も少なくありません。

しかし、匿名で車の査定を行うというのは出来ないのです。メールでの査定なら出来るかもしれないと思うでしょうが、残念ながら申請に最低限必要な個人情報を要求されるので、匿名希望は無理です。車を査定する時は、自分を特定できるかもしれない情報を相手に伝える必要があります。

車を売ることを考えるなら、できる限り高価格で買取してもらうのが普通ですよね。

そのために、いくらになるか数社の査定を比べた相場表を作りましょう。

買い取ってもらう車の価格というのは、価格を出す業者で異なってきます。相場表作成時は、車買取査定を一括で査定してくれるサイトを利用するのが便利です。

少数の例外はあるかもしれませんが、車を売ったときに買取会社などから査定書が発行されることは珍しく、「発行してください」と言ってももらえないことがほとんどです。

残された遺族で相続の手続きをするときや、自己破産の申告を行うときの資産証明を必要とする場面で車の査定額がハッキリと分かる証明が欲しい時には、日本自動車査定協会(頭文字をとってJAAIとも呼ばれます)に車の査定をお願いしなければいけません。JAAIは国内で50ヶ所以上の事業所を持っていて、査定してもらうには料金が必要です。

それから、事前に査定の申し込みが必要です。

中古車を売ろうとするときには、万が一故障している場合には査定スタッフに申告するようにしましょう。

そうは言っても、前もって修理することはしなくて良いです。

どんな状態かによっても減点される度合いは変化しますが、事前に修理したからといってむしろ修理をすると損するのです。

買取成立の後でお店が故障箇所を直すのにかける金額と事前に一個人が故障箇所を直すのにかける費用とでは、業者が修理を依頼する方が大幅に安いです。ですから、実際の修理費よりも査定額に反映される金額の方が少なくなってしまうのです。

自分の車の売却を考えている際によくある一括査定サイトなどに登録すると、現物を見せてくださいという内容の電話が殺到し、対応に困ることも少なくありません。

対応する手間と時間を省きたいのでしたら、電話連絡なしでメールのみの設定ができるところの利用がお勧めです。

営業マンにもよるのですが、顧客の都合や時間帯も気にせず何度も電話をかけてくるケースもあります。

連絡先をメールにしておくと、いつ連絡があろうと気を使わなくて良いのです。

まだローンの残っている車を売る際は、いったん完済しなければ売却は不可能ですから注意が必要です。それは返済が終わっていない車というのはローン会社の所有物であり、書類上の名義もそうであることがほとんどだからです。売却にあたっては残りのローンを全部払えるのであれば困らないのですが、できないのであれば例えば買取額から残債を清算するという方法もあります。

もっともそれはローン会社が認めた場合だけであって、もし可能でもいくつかの手続きを踏まなければいけません。

車の査定後、契約の後で減額された、もしくは車を引き取った後に減額してきた、という話などブログなどで見る事があります。一般的には、車の引き取り後には取引をしないというのが常識でしょう。

売買契約書にサイン、もしくはハンコを求められる前に、減額するときがある、と説明されていたかどうか、それに、どんな理由から減額をしたのかなどで対応できる事は違うものになります。ただし、どのような理由があったとしても、自分自身が納得できないのなら買取キャンセルをして、一度取引を白紙にしてしまうのも効果的です。

先日、車を買い替えるので、中古車の一括査定を依頼しました。

下取りで依頼するより、買取の方が、得になるという話を耳にしたからです。

無料一括査定にお願いすると、複数の業者から査定してもらえる事ができます。

利用してよかったなと感じています。

車体の色によって、同じ車種でも査定額は変わってきます。

白色や黒色などの無難な定番カラーは安定した市場人気を持っているので、見積金額が高くなることが期待できます。更に、定番カラーでもあるシルバーはボディーなどの汚れが目立たないのでもっとプラス査定がつきやすいのです。これらとは反対に、それ以外のボディカラーの場合は、その中古車の査定額が高く見積もりされることはないのです。

査定の際に流行のボディカラーであったとしても、買取から売却の間に流行が廃れているかも知れないからです。安心で安全な低燃費の車を希望しているならやっぱりトヨタのプリウスがいいと思います。プリウスは十分知られているトヨタからの低燃費車なのです。

ハイブリッドタイプの王様とも呼べる車です。

プリウスは見た目の美しさも一つの特徴です。人間工学と空気抵抗の流れを計ってデザインが工夫されているため、推奨します。