数年前の話になりますが、自動車の買い替えをしようとし

9 6月

数年前の話になりますが、自動車の買い替えをしようとした際、もっと高い価格で買取ができる業者を見つけたいと思っていたことがあります。

その時には、情報収集の方法としてインターネットで車の買取価格を詳しく調べた上で、車の一括買取サイトに申込を行いました。

考えていたよりも安い金額の提示が多かったのですが、中古車の市場価格は時期によっても少し異なるようです。軽自動車税が高くなってしまったこの頃、中古車の支持層も多いです。ついでに言うと中古車価格は値引き可能なの?って頭をよぎる人もいるかもしれませんが、相場観があると値引きしてくれるケースがあります。

車の知識がある人に同行して確認してもらうと安く買えるケースもありますよ。

軽自動車の車査定で高価で車を売るには、車一括査定で多数のカービュー一括査定業者の買取査定を試みるのが無難です。

軽は燃費が良くて税金が低く、メンテナンスコストも安直ですから、経済性がぴか一です。

だから、中古車市場でも大衆性があり、値下がりしにくく高価査定してもらえるのです。前から考えていたのですが、子供が生まれたので思い切ってミニバンに乗り換えようと思っています。

そんな訳で購入資金に充てるため、もともと妻が所有していたムーブを査定に出そうとしたのですが、だいぶ長く乗っていたもので(10年以上です)、お金になるのかどうか心配もありました。

ところが、インターネットの一括査定サイトでいくつかの業者に見積もりをお願いした上で、出張査定をしていただいた結果、だいたい20万円で売れました。車の売却する折、ディーラーに下取りをお願いするのと買取業者に売るのは、どちらにメリットがあるのでしょうか。

今どきは、一括査定などを利用して、査定買取業者にお願いする人が多いです。

しかし、常に買取業者の方がいい選択だとは限りません。

例を挙げれば、決算期やお正月のキャンペーンの際などはディーラーの方が得することもあります。

車を買い取る際の流れは大まかには以下の通りとなります。最初に申込みを行います。

電話してからの申し込みや直接ご来店頂き依頼をする方法、インターネットを使って申し込みを完了させる方法もあります。

申し込み終了後、査定が始まります。

査定担当者が車の現状などから買い取り金額を公表し、その額に納得いただけたら成約しましょう。

以上がカービュー一括査定の流れです。

過失ゼロの状態で追突事故に遭い、外観が大破したり、見た目がそれほどでなくてもシャーシ牽引ともなれば大変です。それはそれでつらいですが、あとでディーラーの下取りや中古車買取に出す際は事故車扱いになりますから、事故歴がない車と比べて査定額が極端に下がることも予想されます。

恨めしいところですが、事故の相手にはこのマイナス分は請求できるのでしょうか。

それはまさにケースバイケースで、どのような判定になるかはわかりません。また、保険会社としては当事者間で話し合いがついたとしてもそこまで支払い対象にすることはまずありません。

裁判を起こすことも考慮しつつ、弁護士と対応を話し合う必要があります。

新品の自動車に買い換える時、今まで使用してきた自動車は専属の販売店で下取りしてもらう方がたくさんいると思います。

しかし、専属の販売店での調査では製造年と走った距離で決められてしまう事がだいたい多くなっていますから、中古の車の市場で人気の自動車でも、そんなに高額な買い取り価格は望みは少ないでしょう。

中古車売買における車の査定基準というものは、その中古車の事故歴や年式、走行距離や内装と外装の状態を見ます。この確認項目のうちで外装および内装は、買取査定してもらう前に個人でしっかりと清掃を行っておくことで多少なりとも査定金額はアップするでしょう。過去の事故歴に関しては、プロの目から隠し通すことは絶対に無理ですから、正直にハッキリと伝えましょう。

これらの査定基準を確認してから、その車のオークションでの査定相場を考慮して、実際の査定金額を導き出します。

査定のプロである担当者には簡単な嘘はあっと言う間にバレてしまいますよ。実際には事故を起こしたり修理をしたことがあるのに、査定金額が低くなってしまうのが嫌ででまかせを言っても確認すれば判明します。さらに、いい加減なことを言ったことでスタッフに「この人は信用出来ない」と思われて当然でしょう。

嘘をついていたことがバレて、一般の査定額よりも厳しめになってしまうことも起こっても仕方ありませんから、査定する車の状態については隠し立てしないようにした方が良いですね。