往々にして話題になる事柄といえば、車の買い取りについて

25 5月

往々にして話題になる事柄といえば、車の買い取りについてのトラブルです。

このことについては、決して「対岸の火事」ととらえることはできません。

車を売る気持ちがある人であれば全員、「渦中の人物」と化す確率はゼロではありません。

その様な事態を未然に防止するためにも、信頼や実績のある中古車買取業者を選び、加えて、どのような評価を得ているかチェックすべきですし、契約事項については、必ず目を通すようにしてください。

車を手放す時の方法としては、ディーラーに下取りって貰う方法もあります。でも、ディーラー下取りは、中古車買取業者に引き取ってもらうよりも安くなってしまう場合が多いのです。

他にも、オークションに出品するという方法も考えられますが、手数料などで損をする可能性が低くないというデメリットも知っておくべきです。自動車業界が考える標準的な年間走行距離は1万キロメートルです。しかしながら、1万キロメートルというのは目安で、型式が古い自動車の場合には年間走行距離数はもうちょっと短くなるのが通常でしょう。

車を買取専門店に査定に出すときにはできるだけ走行距離数が短い方が加点対象になります。しかしながら、機械というものはずっと動かさないでいると調子を崩すことが多くなってきます。年式に対して走行距離数が極端に少ないと、査定額アップの幅は少なくなってしまうのが実情です。

中古車買取り業者に査定を頼む際には、特別な支度というのは別に必要ありません。

けれども業者が決まって売却するにあたっては、幾つかの書類を用意しなければなりません。印鑑証明は軽乗用車なら不要ですが、普通乗用車の場合は役所にとりにいかねばなりません。

さらに、書類と現在の姓が違っている人はもとより、転居で住所地の確認が必要なときは必要に応じて提出書類が増えるので手間がかかります。売却先を決めてから一度に書類を揃えるのは大変ですので、売る気持ちに変わりがなければあらかじめ書類を揃えておくと、売却手続きに要する時間を減らすことができます。自動車を売りに出す前にきちんと洗車しておくことは、間接的ではありますが一円でも高く売りたいオーナーには是非やってもらいたいことですね。実は自動車が洗車してあってもそうでなくても、車の見積額がプラス査定されると言うことはほとんどありません。

でも、愛車を丁寧に扱うオーナーであると言うことを買取店舗に対してアピールするポイントになるのです。

扱いが粗雑なオーナーよりも好感度アップさせることができるので、見積金額が高めに付く可能性が出てくるのですね。

営業車でなく個人所有の車の場合、走行キロ数が多いと中古車として売る際も減点して査定されると思って間違いありません。

減点の目安としては、多走行車と言われ始めるのが5万キロ以上で、10万を超えると過走行車となり、中古車市場では買い手を見つけるのが難しく、ゼロ円査定も珍しくありません。とは言うものの全くの無価値だとか売れないといったことではないので安心してください。

この業界には一般の中古屋とは別に、過走行車専門店があります。そういった業者に相談すると、使用可能な部位ごとに価格を算出していき、きちんと価格をつけて買取りしてくれるはずです。

消費(購入)が専門と思われがちな国民生活センターですが、中古自動車に関連したさまざまな相談電話がかかってきます。最近では買取に伴う相談電話が多く、全体に占める割合も増えています。

一例を挙げると、買取一括査定サイトを通じて依頼したら信じられないほどの電話が集中して迷惑している、契約するまで帰らないと言われ、押しきられる形で不本意な契約をしたといったものです。泣き寝入りすることのないよう、トラブルに遭ったら、かならず誰かに話を聞いてもらうようにしましょう。

車を売り払う時は、出来るだけ、高額な価格で買い取りをしてもらいたいものです。その時には、注意すべきことがいくつかあります。それは、査定を行う担当者に嘘を述べないことです。相手は査定の専門家ですから、嘘は簡単にばれてしまいます。ウソを述べてもプラスにはたらくばかりか、心象を悪くしてしまい、マイナス点となってしまいます。

車売却の方法には、先ずは街中で良く見かける買取専門店に出すこと、自動車ディーラーのところで下取りに出す場合、個人でオークションに自動車を出品して売る方法もあります。オークション出品の際には、売却予定車の写真や状態を説明する文章などをできるだけ他人に分かりやすく書き込むことが厄介なトラブルを招かないようにするうえで必須項目になるでしょう。

さらに言えば、売却が成立してしまう前にその自動車の現物を観察してもらうことは重要です。これら以外で自分が重要だと感じたことは、双方で念書などを作成して、これに署名捺印してもらえば安心して取り引きができるというものです。一般的に、中古車査定業務において査定者が所持すべき国家資格は特にありません。

でも、中古自動車査定士と呼ばれる民間資格があり、これは国が後援しています。

この資格は日本自動車査定協会(JAAI)によって認定される資格であり、この資格は小型車と大型車の2種類あるのです。半年以上の実務経験があることが必要ですし、学科や技能試験もパスしないと資格取得が叶わないので、中古自動車査定士の資格がある人は、定められたレベル以上の査定が出来ることを証明してくれるはずです。