ディーラーで中古車を買取、下取りしてもらう時にはいろいろな書類

20 4月

ディーラーで中古車を買取、下取りしてもらう時にはいろいろな書類が入用となりますが、その中の一つが自動車納税証明書です。

仮に、納税証明書を失くした場合には、税事務所などで、再発行をしてもらうこととなります。自動車に関係した書類というのは、失くすことがないように日頃から管理しておくことが大切です。

自分の所有する車を売るときにはたくさんの書類が必要になってきます。

そうは言っても、車に関わる書類を紛失したりせずに一箇所にまとめて保管していて、プラス住所や苗字の変更がないのであれば、自分で新しく取ってくる必要があるのは印鑑証明だけなのです。

それから、印鑑証明は所有する自動車を売却する時だけではなく自動車購入の際にも入り用になってきますから、二枚同時にまとめて取得しておくと手間がかかりません。

ちなみに有効期限は印鑑証明書を取得した日から3ヶ月です。

車を実際に売ることを決定したらすぐに取得しておくと、後々手続きが順調に運ぶことになります。車の査定を中古カービュー一括査定業者にたのんでみようとする時、簡単なのでそうしたくなりますが一つの会社だけに任せてしまってはいけません。どうしてかというと違う業者にあたっていればもっと高い査定額がついてお得だった可能性があるためです。近頃ではインターネット上のサービスを使って複数の業者に査定してもらって一括で見積もり額を見せてもらうことができるようになっています。

ここは面倒がらずに少し時間を使って、多数の業者による査定を受けておくことで結局のところは査定額アップになり満足のいく取引ができるでしょう。

車を買取に出す上で、忘れてはならないのが印鑑証明の準備です。実印登録をしている市役所、それか各所の出先機関で2通分の準備を済ませましょう。

近年ではコンビニなどで発行できる場合もありますし、役所によっては自動の機械ですぐに発行できる場合もあります。

一つ注意するべきは、証明書は必ず一か月以内の発行したものであることです。

以前に取得した証明書は使えないということです。

自家用車の買取そのものには手数料やサービス料などはかかりません。もっとも、売主が負担するべき出費はあって、たとえば車の名義変更をするのに買取業者に手続きを委託するのであれば代行手数料が必要です。名義変更代行の手数料については、査定金額と相殺してもらえるなら現金のやりとりは必要ありません。

相殺しないときは契約書を記入したときに別に支払うこともあるので、事前に確認すると良いでしょう。

それと、あまり大きな額ではありませんが、売却時には元の所有者の印鑑証明書と住民票が必要なので、発行手数料(印紙代)がかかりますが、あわせて5?600円程度です。

郵送請求の場合は時間がかかることに注意してください。万が一、中古車を買取に出すとき必要不可欠な納税証明書がなくなってしまったという場合には自動車税を納入した地の税事務所でもう一度発行してもらってください。

もしくは軽自動車だった場合には、市役所もしくは区役所で再発行してもらってください。

紛失しているのなら、すぐに手続きを終わらせて、車を売る頃までに手元にある状態にしておくといいですね。もし、事故車であった場合などには売れるのかどうか迷うこともあると思います。「次は新車にしよう」と計画しているのならばディーラーへ新車購入の相談と同時に下取りについて聞く方が最も確実です。

車買取業者に買取を依頼する際には普通の買取と共通で、買取値に多少の差が出る理由は、年式や走行距離、部品状況などによるものです。

現行の型で、なおかつ部品が全て純正品である場合は割と高い値がつけられます。

ご自身の愛車の価値を知りたい時に知って頂きたいのが、専門の業者による車査定です。

私の知る中古カービュー一括査定業者の中には、自分で車を持っていかなくても業者自身が自宅まで来てくれる場合があります。

また、査定場所は様々で指定した場所まで出向いてくれる場合もあるそうです。

つまり、場合によっては工場で査定を受ける、なんてことも出来るのです。

とはいえ、査定額が納得できない物であれば断ってしまえば良いのです。一般的な普通の中古車なら車の買取に出して高値で売ることもできますが、事故車になると引き受けてもらうだけでも十分とお思いになるかもしれません。

しかし、近頃では事故を起こした自動車でも一括査定でいくつかの買取会社の査定を受けると、予想以上の高い値段で買い取ってもらえるチャンスもあるのです。中古車買い取り業者の査定を受ける際、その前に車検をどうしようか、このまま通さないでも大丈夫なのかと、考えあぐねている人は意外と多いと言います。

しかし、これに関しては答えははっきりしています。

というのも、良い査定額がつくかもしれない、との期待から、車検切れ直前の車の車検をきちんと通しておいたとして、しかし、車検にかかった数万円、この金額より車検を通して金額アップになる分が、大きくなるはずはないのです。売ろうと思っている車が車検切れ直前なら、もう車検を通そうとはしないで、現状のままで査定に持って行った方が損をしません。