車を売却する時には、高く売れる時期やタイミ

9 4月

車を売却する時には、高く売れる時期やタイミングを逃さずに十分に気を付けることが大切です。

例えば、3月の決算期や9月の中間決算のあたりは車が高値で売れます。

そのほかに、ウインターシーズンの前には、4WDなどのアウトドア車が高く売れるでしょう。

このような感じに、車を高く売却するには、時期を見ておくことが大切です。

原則的に、車査定において絶対必要になってくる国家資格はないのですが、中古自動車査定士という国が後押ししている民間資格が存在します。

JAAI(日本自動車査定協会)により認定されるのが中古自動車査定士であり、小型と大型車に分別されています。

技能および学科試験をクリアして、なおかつ半年以上の実務経験がないと取れませんから、この民間資格を所持しているならば、ある一定以上の経験や技能があるということがうかがえるのです。新車に買い替えをする際に、今まで乗ってきた車を買ったディーラーへ下取りに出すことがたくさんあると思います。

でも、大半のケースでは、下取りでは満足な価格の査定を望めないものです。一方、車買取りの専門店に売ると、車を下取りする場合よりも、高額査定してもらえることが多いのです。

車の下取りの際に減額のポイントとなるものとして、走行距離が平均して1年で1万キロを超えている、車体色が悪い、車体の外観が綺麗な状態でない、車のパーツに破損が見られる、車中でのタバコ等があります。さらに、車体に修理をしたことがある場合も査定額に関わります。

車体を修理されていると大幅に査定が下がると考えられます。

二重査定制度というのは中古車取扱業者においては好都合なものでありますが、利用者にはかなり不利となります。悪質業者にかかると、巧妙に二重査定という制度を利用して、査定額を大きく下げることもあります。

二重査定制度でのトラブルを避けるためにも、契約を結ぶ前に契約書にしっかり目を通すこと、査定時に正確に車の状態を伝えることが重要ポイントとなります。

車を業者に買い取ってもらうときは、年式と走行距離で値付けが大幅に変わってきます。1年1万キロというのを聞いたことがないでしょうか。5年前の車なら5万kmをベースに計算し、同じ車なら、走行距離が短いと標準よりプラスの査定がつきますし、10万キロ近く走っているような車だとよほど希少価値のある車でない限り、買値がつきにくいと思って良いでしょう。車の種類によっても幅があり、こればかりはプロの手に委ねるしかないでしょう。

中古車査定をするうえで、傷などが大きく目立つと見積もり時に減額対象となってしまうでしょう。このような場合、自分の判断で修理するのはあまり勧められませんね。

修理の腕に長けていなければ、ちょっと見たときには綺麗そうでもプロの目からすれば綺麗に見えないこともあるからです。

でも、見積もりに出す前に車の修理を依頼する方が良いわけではありませんから気をつけてください。

キレイに修理するためにかかった金額以上のプラス査定は期待できず、手間がかかる割に損をすることになってしまうからです。

元々、住んでいるところは歴史ある港町です。窓の外には海の景色が見渡せて、暑い季節には涼しい潮風が吹き、それなりに快適な暮らしではあるのですが、難点は、車が潮風でボロボロに傷んでしまいます。昔住んでいた海の遠い場所では、車がボロボロと錆びてしまうなんてことはおそらくなかったことです。

今使っている愛車を車下取りに出して、新しい車を手に入れたいです。車査定を依頼したいけど、個人を特定されかねない事は教えたくないという人も少なくないはずです。

でも、匿名で車の査定をするのは出来ないのです。

メール査定であれば出来るのではないかと思うでしょうが、残念ながら必要最低限の個人情報は入力しなければならないので、匿名は通用しません。

車を査定してもらいたいならば、必ず個人情報を相手に伝える必要があるのです。ボディカラーの如何によって、中古車の査定額は大きく変動します。定番色と言われる白や黒は安定した人気があるので、プラス査定になることが多いです。

その上、シルバーは定番色であることにプラスして車体の汚れが目に付きにくいという利点があるので人気も高いです。

車体の色が定番色以外の場合には、その中古車の査定額が高く見積もりされることはないのです。査定の際に流行のボディカラーであったとしても、たいてい流行は一過性のもので、その車を買い取ってから売るまでの間に流行が終わっている可能性が高いからです。