中古車買取業者が査定をするときは、後付けパーツはプ

9 4月

中古車買取業者が査定をするときは、後付けパーツはプラス査定しないようです。

ですから、スタッドレスタイヤの有無すらプラス査定にはならないようです。

タイヤに付加価値がつかないのなら、個人売買やタイヤ専門店で買い取ってもらうほうが利益が出るということですね。ただ、雪深い寒冷地ではスタッドレスタイヤは絶対に必要ですから、他の地域と違って買取額に反映されることもあるでしょう。

自動車売買に関する手続きの全てを他人に頼らずに自分の手で行える知識と時間があれば、個人売買で自動車を売る方法が業者を介さないので最も得をする売り方でしょう。

個人売買の際にいざこざに発展しやすいのが名義変更とお金の支払いに関することです。

前者に関しては双方で決めた期日までにしっかりと行うように念書を残しておくと良いでしょう。お金に関することは、分割払いの初回のみ支払って2回目以降は支払ってくれない事がないように一括払いだけで対応することでトラブル回避できます。

私が知る限りでは、最も車を高く買い取ってもらうための方法として複数の業者からの同時査定をオススメします。

一括査定サイトなどから同時に複数の業者からの現物査定を受けることで、各業者に買取額を競ってもらうことで、買取額が大幅に上がる可能性があります。

例えばオークション形式にしてみれば、さらなる高額買取を期待できます。

他にも、重要な書類を準備して、すぐに売ってしまえるように準備することもポイントです。

車を買い取ってもらうなら中古とはいえ、そこそこの値段はつけてほしいものです。

ひと手間かけて複数の見積りを取り付けると良いでしょう。

僕は査定時にさんざん粘られて(むこうが粘った)、「今日決めていただけるならこの価格で」と言われましたが、もちろん鵜呑みにしてはいけません。

「うちなら」価格は「よそなら」どうなのと思うのは当然です。

それに、1日くらい待たせても相場がかわるような品物ではないですよね。

最低でも2社は比較するようにして、これなら売ってもいいと思う業者を選べば良いと思います。

普通車は車査定で売って、付加価値のついた車はネットオークションに出品するというのが適しているかもしれません。

ところが、ネットオークションだと個人同士の売買となるので、トラブル発生のリスクが高いです。

問題なく車を売りたいのであれば、やはり車査定という手段を取る方がオススメです。

一般論を言うと、中古車販売店等に車を売った際に査定書が発行されることはなく、「発行してください」と言ってももらえないことがほとんどです。

残された遺族で相続の手続きをするときや、自己破産の申告を行うときの資産証明を必要とする場面で詳細な査定金額が明記された証明書が欲しくなったら、日本自動車査定協会(頭文字をとってJAAIとも呼ばれます)に中古車の査定を申し込まなければなりません。日本自動車査定協会の事業所は国内に50ヶ所以上あって、車の査定には幾らかの料金が発生します。

それから、事前に査定の申し込みが必要です。

車の査定を受ける際に車検をどうしようか、このまま通さないでも大丈夫なのかと、判断に悩む人も多いようです。

しかし、これに関しては答えははっきりしています。

というのも、査定額が良くなることを期待して、車検切れが迫ってきている車の車検を律儀に通したところで、その車検にかかる費用総額よりも車検を通したことによってついたプラス分が、大きくなるということはなく、つまり車検費用の方が相当高くつくわけです。

売りたい車の車検が切れかかっている場合は、新たに車検を通さないまま査定を受けてしまっても問題はありません。

逆に車検を通すと、その分損をします。実際の中古車査定では、車をディーラー、または、中古車一括査定業者に運び、査定してもらうわけですが、複数の業者を回ってから、それぞれの査定額を比較した上で売却を決められたら良いと思います。もっとも持ち込むより先に、大まかな査定額が分かれば手間がかからず、簡単ですね。

メールの連絡だけでやり取りできる業者があるのか気になって調べたところ、多くの業者が対応してくれるようでした。余分な費用もかかりませんし、現物査定をする前に、メールしてみるのもいいかもしれません。

トラックや営業車は別として、個人所有の普通車の1年間の走行キロ数は、普通、10000kmが目安と言われます。

そしてその5倍の5万キロという総走行距離の車は業界では多走行車と呼ばれ、5万を境にどんどん査定は減点されていき、やがて10万キロを超えるようになると過走行車といって査定額は限りなくゼロに近づいてしまいます。

では走行距離が少ない車は高いのかというと、一概にそうとも言えないところがあります。総走行キロ数が車の年式の割に少なすぎる時には、逆に駆動部分が極端にへたっていたり、状態が悪化していることも充分考えられるからです。車を友達や知人に買ってもらう場合、知っている人だからと安心するのは危険です。

必要な手続きがなされていなければ、お金を無駄に払わされることになるかもしれません。後でトラブルが大きくならないように重要になる名義変更などの手続きは忘れないように完了させておきましょう。