もうそろそろ車を売ろうかな、となった時、

5 4月

もうそろそろ車を売ろうかな、となった時、車を買取業者に持ち込んで査定を受け、売買契約が成立した後に値を下げるよう言われることもあるようです。しかし、よくよく調べると不備があったので、買取額を減額しますと言われてしまったとしても首を縦に振らなくてもいいのです。

その不具合があることを知りながらにして事前の報告を怠ったのならともかく、そうでなければ減額には応じずに、契約を破棄する旨をしっかりと伝えましょう。業者による実車の査定においてはメーカーがどこか、車種は何か、ということだけではなくて、車検証の内容から年式からグレード、車のカラー情報の確認をするのも当然必要なこととなっております。

それから、例えばエアコンの効きからウインカー、車そのものの動作に至るまでチェックは行われ、少々複雑なエンジンルームの点検も必要ですから、そうしてみると、車の査定を受けるのには大体15分から30分程度は見ておいた方がいいかもしれません。

近頃では、車の買い換えを行う際、業者の査定を受けて売却するという人も増えてきています。

ひとつ気にしておきたいのは、売りたい車の事故歴、修理歴について売却相手の業者に伝えないでいるとどうなってしまうか、ということです。

車の売却をする際に、業者と交わす契約書の記載に買取査定規約というものがあり、車の事故歴について、それを把握している場合はそれを申告する義務があるとされています。

この義務を遂行しなかった時、つまり申告しなかったり嘘をついたりしていた時には、売買契約成立後、それどころか買い取り後でも事後減額要求ができることになっていますから、事故歴は隠さず、申告しておきましょう。事故車のような訳ありの車を売る場合は、果たして売れるのかどうか思案することもあるでしょう。

買い換えるのが新車だと決定していれば新車の購入先のディーラーへ下取り依頼するのが円滑に事が運びやすいでしょう。

車の買取業者へ依頼する際には普通買い取ってもらう時のように価格に違いが出るのは、年式、走行距離、部品状況によるものが主です。

現在も取り扱われている型で、部品もすべて純正品ならば往々にして高値で売れやすいです。車を買い換える際、ディーラーに下取りを頼むと古い車と新しい車の乗り換えはタイミングを計って行われます。ただ、古いほうの車を買取業者に買い取ってもらう場合は、間があくことも想定されます。どうしても車が必要であれば、あらかじめ査定を依頼する前にまず代車が必要である旨を伝えておきます。

同じ業者でも店舗が違うと取扱いの有無は変わるので気をつけてください。インターネットを使って中古車査定業者に査定をしてもらおうとすると、申し込み画面で電話番号などデリケートな個人情報を求めている業者が大部分なのがわかります。

査定を受けたいのはやまやまだけれど、入力した個人情報から電話がかかってくるのは避けたいということで、インターネットでの査定に気乗りしない人がいてもおかしくありません。しかし、最近の傾向として、電話番号をはじめとした個人情報を記載しなくても使用可能な買取額の概算を示してくれる便利サイトも現れましたから、試してみるのも良さそうです。

車の査定は、車の状態が新しくきれいなほど査定の金額が高いです。

改造でないと高い評価となるでしょう。勘違いが多いのですが、車検までの期間は査定の金額に関係しないことが全てではありませんが、ほとんどです。

また、査定する側も人間ですので、心証によって査定額が変わってくることもあります。

一般的に、中古車売買に於いて査定書等の発行はされないことが多く、望んでもくれない場合が大半です。

自己破産や遺産相続に関して資産証明が必要になることがありますが、このような場面で査定額が分かる証明書が必要になった際には、日本自動車査定協会(頭文字をとってJAAIとも呼ばれます)に中古車の査定を申し込まなければなりません。

JAAIの事業所は全国展開していて、50ヶ所以上あります。

そして、無料で査定してくれるわけではありません。

それと、査定してもらうためには前もって予約しなければなりません。業者に車の実物を見て査定してもらう際、文字通り買取業者が出張してくる出張査定の利用者も多数います。

業者に持ち込まずに査定を受けられるから助かりますし、持ち込みではかかる燃料代もかからないのです。

楽ですがしかし、頼みを断れないタイプの人は業者が出向いてくる出張査定を選ぶより、自分で買取業者のお店まで運転して査定を受ける方がいいかもしれません。

自宅までわざわざ呼びだしてしまった等、負い目を持ってしまいますと、買取を断れなくなるかもしれません。

国民の消費に関連する相談窓口である国民生活センターでは、中古車関係の不安、疑問、トラブルといった諸問題の相談がきます。

近年はとくに売却(買取)絡みの電話が多く、全体に占める割合も増えています。

例えば一括査定サービスを使ったところ、電話勧誘が鳴り止まない、勝手に査定に来ていて驚いた、違法ではないのかといった相談です。おかしいなと思ったら、冷静な第三者に相談する事がまず第一です。