一般に乗用車というのは初年度の登録から数えて、5年落ち、10年

22 3月

一般に乗用車というのは初年度の登録から数えて、5年落ち、10年落ちなどと呼びます。勘違いされている方も多いのですが、製造年は関係なく車検証の「初度登録年月」ですから要注意です。

価格は年数が進むほど安くなり、10年落ちともなれば減額査定も著しく、非常な安値で取り引きされます。

中古車屋にとっては頑張って売っても僅かな利益しか見込めない商品ですが、買う側から見れば状態次第ではそうした車は宝の山とも言えます。

自分の車は事故歴があり、フレームを直してもらったことがあるので、厳密に言えば修理歴ありということになります。

とはいえ、事故の痕跡はパッと見ただけでは分かりません。

買取をお願いするときにそのことは正直に告げないといけないのでしょうか。

それで後から減額を要求されても気分が悪いでしょうし、最悪の場合は裁判沙汰になるかもしれません。

様々なリスクが絡んでくると思うと、修理歴のことは正直に報告しておくことにしました。先日、車を買い替えるので、中古車の無料一括査定を頼むこととなりました。下取りよりも、買取に出した方が、得であるという情報を耳にしたからです。

インターネットの査定への依頼は、何カ所かの業者から査定してもらえる事が可能だったりします。

お願いしてよかったなと思っています。

愛車を売るときに気になることといえば走らなくても買い取ってもらえるのかそういった話です。

全国店舗の店ではありえないかもしれませんが、今時分車の中のパーツは注目されていていろいろな国向けに輸出されているんです。

だから、動作不全の車でも買取できるところがあります。

普通は、中古車販売店等に車を売った際に査定書が発行されることはなく、査定書を望んでも発行してもらえない場合が多いのが現状です。

遺産相続の手続きの際や、自己破産申告を行う際の資産証明などで車の査定書がどうしても必要になった時には、JAAI(日本自動車査定協会)へその車の査定額を見積もってもらわないといけません。

JAAIは国内で50ヶ所以上の事業所を持っていて、車の査定には幾らかの料金が発生します。さらに、少々面倒ですが、事前予約制となっているのです。中古車を買い取る際の査定では、外観や走行キロ数などいくつかの項目で標準値を設定し、加点減点を行い評価額を割り出します。

減点評価が免れないものは、車体の外観の瑕疵(へこみ、中規模以上のキズ)でしょう。

気をつけたいところでは、それらのキズを素人なりに修理しようとした場合で、大きなマイナス点をつけられる状況にもなり得ます。

相応の知識と修理経験があればキズの深さによっては何とかなるかもしれませんが、通常はそのままで売りに出したほうが良いでしょう。

オンラインで中古車を一括査定できるサイトの中には、個人名を書かなくても見積もりを出してくれるサイトも存在していると言います。

見積もりの金額を教えて貰うために電話やメールは記載しなければなりませんが、誰しもむやみに個人情報は教えたくないでしょうから、有用なサービスと言えます。

さらには、連絡先も教えずに相場を簡単に知る方法もあります。

それは、メーカーのホームページで所有する車の車種や年式などを入力すると、現在の参考相場が分かる場合があります。

参考価格が分かると言っても、ザックリしたものでしかありませんから、やはり詳細な金額ではないので、あまり参考になるとも思えません。ずっと車検に出していなかった車でも、買取業者に買取を依頼する分には問題ありません。買取前に車検を通してみても、費用分を補うほど価格が上がることは到底期待できないので、業者に出張査定をお願いするほうがお得です。

廃車にしようと思っても、お金もかかるし手間も面倒なので、なるべく早期に査定を依頼し、少しでもお金になる内に買取に出すようにしましょう。

オンラインで自分の車の価値を査定することができますが、それは、一つ一つ詳細に査定しているわけではなく、あくまで簡易的に見積もった金額です。

たとえ全く同じ車種で年式も同じだとしても、個々の車によりボディや内装の状態などは異なりますから、詳細な見積額というのはその中古車を目前でチェックしなければ分からないのです。そういうわけで、ネットで前もって調べた通りの査定額が本当の買取金額になるわけではないので、注意すべきと言えますね。売却予定の車を査定してもらう場合、タバコ臭やペット臭がある車だと具体的なキズではないにしろ、減点対象になります。

ほとんど無臭のつもりでいても運転者はその臭気自体に慣れっこになっていてわからないということもあります。査定前に誰かにニオイチェックを頼むというのも手です。消臭スプレーやルームフレグランスなどを用いても時間をかけて付着した有機系の汚れがニオイの発生源ですから、温タオルや中性洗剤などを使い、ていねいにニオイの発生源をなくしていくのが有効です。