車の査定において、事故や災害にあった車の場合

17 3月

車の査定において、事故や災害にあった車の場合は、査定から差し引かれることになります。

とはいえ、事故歴がないと嘘をつくようなことは避けた方がいいです。

その理由は、後から事故歴が判明してしまい面倒なことに発展するケースをよく耳にするためです。中古カービュー一括査定業者は、数え切れない車を査定してきたのですから、事故車である事実を伝えずにいてもバレるのは時間の問題です。

不快な気持ちになってしまわないためにも、嘘偽りなく申し出た方が良いでしょう。日常的に乗っている人がいなくなって、車検切れで放置されたようになっている車でも買い取りに出すことはできます。売ることはできますが、もうすでに車検が切れてしまっているということは一般道を走らせることは禁止されていますから、出張査定を依頼する事になるでしょう。一般的な車以外にも車検切れの車も扱っている業者ならば、車の引き取りにお金がかからないところが多いはずです。

一方で、売却する前に車検を通すことは得策とはいえません。車検費用の方がほとんどの場合査定に上乗せされる額よりも高くなるからです。

業者は年式や色といった机上データのほか、独自のポイントシステムで中古車の価値を算定します。

その項目が基準点からどれだけ良いか悪いかを見た上で、プラスマイナスを加味して最終的な査定額となります。

比重の大きなチェックポイントは、事故歴、修理歴、傷、故障、車の走行キロ数といったところです。場慣れした担当者が訪問するので、過去の修理歴について忘れたと言ったり、知らないふりをしても、ずっと隠し通せるものではないでしょう。中古車を購入する場合には、いわゆる事故車を買ってしまわないように気を付けた方がいいと思います。

いくら修理されている、とはいえ、事故車は安全性に問題がある場合もあります。しかし、素人が事故車だと判断することは難しいため、信頼できる業者で買ってください。

たいていの買取業者は夕方以降の暗い時間帯にも家まで出向いて査定してくれます。暗い時間に査定するほうが昼に比べて車体のへこみや傷といったアラが見えにくいため、査定には有利であるという話も聞かれます。

しかし、あまり気にする必要はないというのが本当のところだと思います。

夜間は屋内照明があっても自然光には及びませんし、雨の日や曇天なども薄暗いので不慣れな査定士だと多少の見落としはないとは言えません。

ただ、それはあくまでも可能性の話です。その一方で、磨き上げられてピカピカの車体は昼間の自然光でこそ美しさが際立ちます。

ですから、専門家はそれらを踏まえた上で見るので、天候を選ぶ意味はほとんどないでしょう。

買い取りの専門業者を使って車査定をするなら、一番気を付けたいのは、客を騙すことが常態化している迷惑な業者に引っかからないことです。

一番はじめに示した査定額から、なんだかんだと理由をつけて金額を引いていったり、金額を明記した契約書類の作成をしてくれない、なかなか入金されなかった、といったさまざまなケースがネットに上げられています。

そういった情報の全部が正しいものであるとは言いきれません。

あくまでネット上に書き込まれた口コミです。

しかしながら、車の査定においては、世間に名前の知られた大手の業者ですら、客を騙しにかかる場合もなくはないようなので、気を付けるに越したことはありません。

事故を起こした車は廃車手続きをするよりも査定を受けた方が間違いなくお得です。

事故を起こした車には価値がないと推測するかもしれません。しかし、事故車であっても、使える部品はたくさんあり、国外での需要が見込めるのです。それに加えて、事故車でも専門業者が修理すれば再度乗れるようになるケースもあり、想像していた価格よりも、ずっと高値が付くこともあります。所有する中古車を買取りしてもらおうと思って店舗に行くと、「買い取り金額は0円です」と言われることがあるでしょう。

売却予定の車が走行距離10万km以上だと過走行と呼ばれる状態で査定が0円だったり、事故の状態が大きくて修理の後も大きい場合などは査定額が出ないことがあるのです。多くの中古車買取店を回ったとしてもどの業者でも査定金額が出ない場合でも、普通の買取店舗ではない廃車専用の業者にお願いする事が可能ですので、落胆して売却を止めてしまう必要もないということです。車査定というものはネット社会になってからは、大きくその様相を変え手間いらずで、大変便利に進めて行けます。

ネットにつながったPC、スマホ、タブレットなどですぐ車査定サイトにつなげて、そこから査定の申し込みができます。

利用方法は簡素で、特に何か難しい操作はありません。

メーカー、車種、年式などといった車の基本情報と、住所や電話番号などの個人情報を指定の欄に入力すると業者の提示する査定額が表示されます。いつも忙しく、まとまった時間を確保できないという人でもスマホを持っていれば、移動時間や少しの休憩時間など短い時間を有効に使えるというものですね。

愛車を買取に出す場合、複数の買取業者の査定額を比較するのが得策ですが、結果選ばなかった業者にはどう言って断ったものか思いつかない人もいるかもしれません。

しかし、これは簡単なことで、他社の方が買取額が良かったのでと堂々と告げてよいのです。

業者名や買取額を具体的に言ってもいいと思います。もしも、その都度断りを入れるのが億劫だという方は、はなから同時査定を受けるのが楽です。