「そろそろ車を買い替えたい」という時

6 3月

「そろそろ車を買い替えたい」という時、今乗っている車をどうするかはよく考えたいところで、手間暇を考えてディーラーに下取りに出したくなるかもしれませんが、それよりも買取業者に頼んだ方が、金額的にはだいぶ得をすることが多いということが、ここ最近広く世間に周知されてきたようです。

一昔前のようにお店に直接出かけるようなことをしなくても、自宅や出先でも、ネット環境があればそれを使って査定額がどれくらいになるかを知ることができます。

それができるのが、車査定サイトと呼ばれるものです。使い方ですが、メーカー、車種、年式、またサイトによってはある程度の個人情報などを入力するだけで、数分後相場に合った適正な回答があります。

他社製のホイールを履いた車を売る場合は、査定士が現物を見に来る前に、できるだけ純正ホイールに戻しておく方がいいでしょう。少数ながら人気の高いホイールもないわけではありませんが、一般的にいうと純正品であるほうが査定はプラスされる傾向があるからです。

屋外環境は素材の劣化を招くのでカバーをかけるか、出来れば屋内に保管するのがおすすめです。良好な状態を維持している他メーカー製ホイールは結構良い値段でオークションで取引される場合も多いのです。中古車の売却を考えている場合、査定を受けるためにお店に突然車を乗り付けていくのは得策ではありません。

他店での価格や市場相場に疎い状態で行くわけですから、もし損をしていたとしても気づかずに売ってしまうことだってあるでしょう。もっとも、良いところもないわけではありません。

それは、売却にかかる時間が最短で済むということです。

現物はすでに店舗に乗ってきているのですから査定を待つばかりですし、売買契約に必要な書類や印鑑が揃っていれば、トントン拍子で契約完了ということも考えられます。

愛車をできるだけ高い価格で売却するには、買い取り査定をしてもらうのが賢いやり方です。近頃はネット上で容易に一括で買い取り査定を受けることが可能です。最初に必要事項を入力して申し込むだけで、たくさんの業者の査定を受けることが可能です。

いくつかの会社の中で最も高い査定額を受けた会社に売ればよいのです。

知っておいて損はないでしょうが、中古車査定の市場においては、中規模や個人経営のような小規模な店舗と、大企業では査定スタンスが少々違ってきます。

資金力が豊富な大手の買取業者は、自前の販売ルートを通して売ることも多いですから、中古車を積極的に買い取るのです。

他方、社で決められた基準の範囲内でしか買取価格を上下することができず、いったん示された査定金額に対し、価格交渉する余地は低いのが現状です。

その一方で、中小の買い取り店舗は一車種毎にオークションで販売していく方式をとることがほとんどのため、関わった中古自動車査定士が「これはいける」と思えば見積もりがアップする可能性が大きいのです。

年間走行距離数1万キロメートルというのが、自動車業界が標準的だと考えている基準値です。しかしながら、1万キロメートルというのは目安で、古い年式の自動車だったら年間走行距離数はもうちょっと短くなるのが通常でしょう。

自動車を売るときにはなるべく走行距離が少ない方が査定額は高くなります。

走行距離が短い方が有利ですが、機械は長い間動かさないでいると調子が悪くなってしまうのです。

走行距離数が年式に対してあまりにも不釣り合いだと、見積もり時にあまり大きく加点されないのが現実です。

高い金額で車を売るためには、何よりも買取先をよく考えて選ぶことです。WEB上で利用できる一括査定を活用して、最も高額で買い取ってくれるところを選びましょう。

また、きちんと車内の掃除を済ませてから買取に出すことも秘訣の一つでしょう。

時間がなくても最低限、ゴミや埃が車内に残っているという状態は避けましょう。

なかなか自分ではわからない部分ですが、車内のニオイもきちんと対策しておきましょう。ちょっとでも安価に買い取り、ちょっとでも高価に売るのが中古車を売買する営業マンや査定士の仕事ですね。

査定士や営業マンの話す内容をまるっきり信用してしまうのも考え物で、売買相場よりも買い叩かれることもあります。自分の車の現時点での相応しい査定金額が何円相当かしっかりと調査しておいて、相場価格よりも安く提案された際に値段の駆け引きをする準備をしておくと従業員の売り文句に一矢報いることが出来るかもしれません。

買取希望の車の査定基準は、その中古車の事故歴や年式、走行距離や内装と外装の状態を見ます。査定基準のうちで外装と内装に関していえば、買取査定してもらう前に個人でしっかりと清掃を行っておくことで見積金額に良い影響を及ぼすことができます。

過去の事故歴に関しては、プロの目から隠し通すことは絶対に無理ですから、嘘をつかずに申告してください。

これらベースとなる査定基準をチェックした上で、売却予定の車の中古車オークション相場を考慮に入れて、実際の査定金額を導き出します。

買取業者というのは大概、19時以降などの夜間でも実車査定に応じてくれるものです。

明るい昼間より夜間の査定のほうが車体のキズが見えにくいので、マイナス対象が減って査定額が高くなるなどといった説があります。

ただ、質の高いLED照明などが普及した現在では眉唾な話です。

指摘のとおり夜間の査定は骨が折れるものですし、雨天も査定士にとっても厳しい状況ですから不慣れな査定士だと多少の見落としはないとは言えません。

ただ、それはあくまでも可能性の話です。こまめに洗車してワックスコートが充分な車なら、晴天の屋外の方が光沢があって新しく見えますし、気象条件で査定が変わるような業者では逆に困るのではないでしょうか。