車の査定を受ける前に、洗車を済ませておくかどうかで

4 3月

車の査定を受ける前に、洗車を済ませておくかどうかですがこれは実は、洗っておくべきという人と、洗わないでおいた方がいい、という人がいます。

査定前には洗っておいた方がいい、と考える人は多くいて洗車しておいた方が、少しは良い結果につながりそうなものですが、そうすると、汚れの下に隠れていた微細な傷まで露わになってしまうわけです。

ところで、その道のプロである査定人は、目利きが確かであるからプロなのです。洗車の有無に関わらずキズを見落とすかもしれない、などと考えない方が良いでしょう。

そうであるならば、汚れた車を査定人に見せて印象を悪くするよりも、ある程度、きれいに洗っておくのがいいようです。

ウェブ上から入力して利用する中古車一括査定サイトを利用すれば、おおまかな査定金額の相場がすぐに判明します。本当の査定の時に自分で価格交渉をしようと思っているのであれば予備知識を得るために有効な手段と言えるでしょう。でも、本当は売るつもりはないけど相場だけ気になる時に中古車一括査定サイトを活用すると結構面倒なことになります。

インターネットで一括査定サイトを利用すると、直後から勧誘の電話が急にたくさん鳴り出してしまうのです。

実際に売却する予定がなかったのならば、これらは煩わしいだけですね。普段乗っていた自動車を業者に買い取ってもらった後、新たに車を買うまでに期間が開くこともあると思います。買取業者のうち、代車の利用ができるところも増えています。

査定時に相談していれば車を引き渡した後も代車をすぐに借りれるでしょう。もしくは、次の車を買う際に代車が使えるディーラーもありますから、ディーラーにも事情を話してみてください。

中古車査定業者が査定にあたって重視する点は、走行距離、排気量、車の年式や、車検までの期間がポイントです。その他にも傷の有無や、車内の状態がそうですね。

また、意外なところでは新車種が発売される直前や、モデルチェンジの前などには査定額が上がるという話があります。タイミングを見計らって、一括査定サイトなどで複数の業者の同時査定を受けること、車内掃除や洗車などで綺麗にしておく事が満足度の高い売却への近道ですね。

買い替えや処分などで車を手放す際に考えられる選択肢は、カーディーラーに下取りに出す方法と、中古車屋への売却でしょう。

中古車として売却するのであれば同時に複数の買取店に査定依頼を出すことで相互に競争するように仕向け、査定価格の底上げを図ることもできます。その対極にあるのがディーラーによる下取りですが、この場合はどことも競う必要がないため、相場より安い価格になってしまうかもしれません。

しかし一度の手間で売却と購入ができてしまうのでこれほど簡単なことはありません。

一概にどちらが良いかは言えません。中古車買い取り業者の査定を受ける際、その前に車検をどうしたらいいのか、切れていてもかまわないのか、迷う人もいるようです。

しかし、これに関しては答えははっきりしています。というのも、査定額があがるのではないか、と考えて車検の期限が近い車の車検をきちんと通しておいたとして、しかし、そのためにかかった費用よりも車検済ということでプラスされた金額が大きくなることは、まずあり得ません。

査定で少しアップされる分よりも、車検費用の方がずっと高くつくということです。

車検が切れようとしている車なら、その状態のままで業者の査定を受けて、売却してしまった方がお得だということになります。

車査定を受けるのに一番良い時期はいつでしょうか。一般的には3月が一番良いそうなのです。

なぜそうなのかというと、生活環境の変化によって4月は中古車の需要が急増しますから、1年で一番、中古車の市場が大きく変わるからです。ということは、買取需要が高まるという事ですので、買取価格も市場の変動と共に、高めに見積もってもらえる事が多いようです。

さらにこの時期は自動車税のことも考えなくてはなりませんので、査定から売却までを3月中に済ませてしまう事が正解ですね。事故にあった車の時は、高い修理代を払っても、事故以前と同等のレベルにすることもよくある事です。事故で車に衝撃が加わることで、フレームに歪みができてしまうと、完全に直すことが不可能なこともあります。

事故車に修理代をつぎ込むよりも、事故車を専門に買い取っている業者に売って、新しい車両を購入した方が安全面ではいいかもしれません。

車の下取りで気をつけなければいけない事は、自動車税の還付に関することです。これは、販売店によって異なるようです。通常、きちんと説明してくれるところが多いです。

特に排気量の多い車では、数万円となるため、軽視してはいけません。

逆に、軽自動車であれば数千円の話だから、大して、気にすることもありません。

一般的に事故車というのは、事故などで損傷した車全般を言いますが、これは車査定で使われる意味とは異なります。

車買取、査定の意味で言うと、交通事故などが原因で車の骨幹部分を交換しているか、改修したものが事故車と呼ばれるのです。