中古車業者に車を売る際は、トラブル

3 3月

中古車業者に車を売る際は、トラブル防止のために注意すべき点があります。

簡単にいえば、契約書をよく読むことです。

取引に関する必要事項を記載したものが契約書で、本人が署名押印していれば読んで了承したことになり、法的にも有効です。

口頭で説明されたとおりのことが契約書に記載されているか、ことに値段、手数料といった金額に関連した文言はしっかり目を通す必要があります。大まかな文章だけでなく細かい補足条件なども目を通してからそれで良ければハンコを押すようにしましょう。

急かす業者は論外です。

自動車を販売する場合に、ちょっとでも、高く売りたいと考えるならば、色んな買い取り業者に査定をやってから売ることを決めたほうが賢明と思います。

なぜなら、会社によって査定額や条件などが違うことがあるからです。後々後悔しないように、複数査定を受けることが勧めます。

大きな中古車一括査定店のほとんどが、多くのキャンペーンを常時開催していることでしょう。

これらの多くは車売却の際にプレゼントされるのが普通でしょうが、ただで車の見積もりを行うだけで貰えるキャンペーンもあるのです。

もっと具体的に述べると、インターネット上の特定のページから査定申し込みをするとポイントと交換できるなどです。

無料査定だけを実施して買取自体は行わなくても構わないので、査定だけでポイントがもらえるキャンペーンを見付けたら実際にやってみると大変お得でしょう。車の査定は「どの買い取り業者を利用するか」の選択が大事な点であることは間違いありません。

なにしろ中古車の査定額は、どこに出しても同じという訳ではないからです。むしろ、時には大きな査定額の違いがでることがあるのです。

そういった事情がありますので、査定で一番高い値段をつけてくれる業者を探しだし、利用するべきなのです。こういった場合に大変便利なのが、一括査定サイトです。このネット上のサービスを利用することで、複数の買い取り業者が出す査定額をまとめて知ることができます。

車を処分するためにネットの中古車一括査定サービスなどを利用すれば、業者からの電話連絡がひきもきらず入って驚くことでしょう。現物を確認しなければ見積額は決まらないから、「すぐにでも伺いたい」「訪問の時間を決めたい」と、先着順と言わんばかりの勢いです。

そういった中には断っても幾度となく電話してくる営業マンもいないわけではないので、断るのが大変なら嘘でも良いので「申し訳ないが他店に売却済みです」と言うのが賢い方法です。

もしくは、電話連絡なしの設定が選べる見積サイトを使うと、こうした事態は避けられます。

自家用車を手放そうと決めたら、出来るだけ綺麗に清掃してから車を売りに出すことです。きちんと掃除してから売った方が良い理由には2種類あります。

最初は自動車を丁寧に扱っていたと良い印象を査定スタッフに与えられる点です。

2つめは、車内にこびりついた汚れを落とすことでいやな臭いも少なくなるからです。

タバコの臭いやペット臭が残っていると、この辺は程度にもよって違いますが大幅に査定金額が下がっても致し方ないと言えます。中に残っている汚れが原因で臭いが出てしまうので、車内を隅々まで掃除してあげれば嫌な臭いを軽くする事ができるのです。

車の修復歴があれば、それは査定において大事なチェックポイントです。

車の骨格修理や交換をしたことがある場合は、とても低い評価になります。

しかし、評価が下がるからといって、隠してもすぐに判明してしまうので、隠したりしないようにしてください。

嘘をつくようなことをするとイメージダウンになりますから、ありのままを話しましょう。

万が一、車の買取に不可欠な書類である納税証明書が見つからない際にはあなたが自動車税を納付した都道府県の税事務所に問い合わせて再度発行してもらわなければなりません。

それとは別に、所有しているのが軽自動車であれば、市役所だったり区役所だったりが窓口となりますのでご注意ください。

もし紛失していれば速やかに再発行し、自動車を買い取ってもらう時にはすぐに出せるようにしましょう。

中古車の査定をするときに必要になってくるのは車検証のみですが、いざ売却するときには複数の書類が必要になってきます。

普通自動車を売るのだったら車検証に加えて印鑑証明書や実印、納税証明書や自賠責保険証やリサイクル券を用意することになります。

これらの書類中、納税証明書がなくなっていることに気が付いたら、軽か普通自動車かで納税証明書再発行の手続きをするところが違ってきます。普通自動車に関しては県などの税事務所で再発行してくれますし、軽自動車の場合には役所の窓口に行って再発行を依頼するようにしましょう。

一括査定サイトのページから、必要事項の入力を行い、査定の申し込みをすると、相当しつこい営業電話の攻勢を浴びることがあるのですが、これも、そういったものだと事前に知っておけば、落ち着いて対処できるでしょう。対応の仕方としては、はっきりきっぱりと断りをいれることで、そうすると、それ以上かけてくるようなところは少ないですし、それに、いざとなれば着信拒否という手もありますし、多少わずらわしいでしょうが、それほど困りはしないでしょう。それでも「とにかく営業電話は困る」というのであれば、住所や電話番号を打ち込まなくても査定額を出してくれるサイトもありますので、そういったところで申し込みをしてみるのもおすすめです。