去年の夏ごろの話ですが、当時乗っていた日産エクス

27 2月

去年の夏ごろの話ですが、当時乗っていた日産エクストレイルの買換えを検討し、車の買取査定を受けました。ネットの査定サイトで一括査定を依頼しました。

最も高い見積もりを出してくれた業者の方が教えてくれたのですが、意外な事に、買取ってもらった季節が見積額を上げた要因だったそうなんです。

エクストレイルの場合、夏に売れるそうですから、高く売ろうとするなら、春から梅雨の時期に買い取ってもらうのが良いようなので、また車を買い取ってもらう時は季節を意識しようと思っています。売ろうと思って見てみたら、スリップサインが出るほどタイヤが古びていたというのはよく聞く話です。しかし見積り前にタイヤを新調する必要性はまずありません。車本体は交換が効きませんがタイヤならすぐ替えられますし、買取業者側がタイヤを交換することもザラですから、投資するだけもったいないです。

つまり本体に比べタイヤ劣化による査定の減額はたいしたものではありません。せっかく交換してもむしろ損ということになります。売却予定の中古車の査定額が低下する主となる要因には何点かあるのですが、大幅に査定額を低下させる原因のもっともたるものは、売却予定の車が事故車や故障車で修理したことがあるケースです。場合により見積金額が0にまで下がることもあることを知っておいてください。そうは言っても、事故などで修理してしまうと絶対的に修理歴車と呼称されるわけではなくて、売却希望の車の骨格相当部分までダメージが行っていて、甚大なダメージを修理してあるのが修理歴車なのです。車を売る際に関心が向くのは、車にどれくらいの価値がつくものなのかということだと推測できます。言うまでもないですが、個体差があることは理解できますが、下取り相場表風のもので、手放す前に確認できると、心を落ちついけてアドバイスを受けることができると思います。

車を一円でも安く手に入れて、なるべく高く売るのがプロの中古車買取店のスタッフの仕事の内容です。

買取販売店の従業員のセールストークをハナからすべて信用してしまうと、人を見て相場よりもずっと低く買われてしまう時もあるでしょう。現時点での査定相場が前もって何円相当かしっかりと調査しておいて、相場よりも安価に契約しようとされたときに交渉するつもりでいると営業マンのセールストークを鵜呑みにしなくても良くなります。自動車を売却する際には書類が何点か必要になります。

そうは言っても、車に関わる書類を紛失したりせずに一箇所にまとめて保管していて、プラス住所や苗字の変更がないのであれば、自動車売却にあたって新規に取得が必要なのは印鑑証明書のみです。車を売るときだけでなくて、印鑑証明は買うときにも提出する必要があるので、2枚同時に取ってくると手間が省けて賢いですね。印鑑証明書は取得した日から3ヶ月間は有効です。車を実際に売ることを決定したらすぐに取得しておくと、後々手続きが順調に運ぶことになります。

満足できる査定結果が得られ、実際に売却する手続きに入ると所有者は書類を複数用意しなければなりません。

軽自動車は普通乗用車と違う点がありますので注意してください。

必ず必要になるのは車検証で、そのほか自賠責保険証、リサイクル預託証明書、納税証明書ですが、紛失している場合は再発行してもらってください。

印鑑については実印と印鑑証明が必要ですが、軽の場合はスタンプ印以外であれば認印で構いません。

よって印鑑証明書も不要です。車を買い取る際の流れは大まかにはこのような通りです。

最初に申込みを行います。

電話してからの申し込みや直接ご来店頂き依頼をする方法、インターネットを使って申し込みする方法もあります。

申し込みが済みましたら、査定です。査定担当者が車の状態を把握し買い取る額を割り出し、その額に納得いただけたら成約しましょう。そのように車査定は行われます。

スマホを使う人が大変多くなってきましたが、車の査定もスマホを使って行なえるのをご存知でしょうか。

スマホ持ちだけどパソコンはないという人でもオンラインの一括査定にスマホで申し込めて、手間いらずな上、かなりの時短になりますね。

査定額をなるべく高く出してくる良心的な買取業者を見つけるために、強くおすすめしたいのは一社でなく複数の業者使って査定をしてもらうことです。

よく見かけるようになった車査定関連アプリも使ってみるとさらに効率的に業者探しができるかもしれません。車を売りに出そうと思ったので、ネット上でできる簡単査定を利用しました。私の愛車は赤のアウディで、まだ乗り始めて5年しか経っておらず、査定額はそこそこ高額になるだろうと思って楽しみにしていたら、予想に反して安い額を付けられたので驚きでした。

査定をお願いしていた買取業者に来てもらって説明してもらいましたが、「今はアウディでも軽自動車以下の額しか付かない」と言われたので衝撃でした。